賃貸住宅投資急増 個人節税投資の増加の理由

NO IMAGE

6月30日日経朝刊より要約すると、
-〇住宅市場で賃貸物件の建設が急増 〇新設戸数が前年度比15%増えて5年ぶりの高水準
〇理由は、機関投資家などの投資マネーの流入と、個人の節税投資とみられる。
〇不動産投資信託(REIT)を通じた投資マネーの流入が続いている。国債利回りの低下により、運用の矛先が、安定的な利回りが見込める都市部の賃貸不動産に向かっているようだ。

個人節税投資の増加の理由

〇また、15年1月からの相続税法改正に伴い、課税対象者が広がるため、節税目的の個人投資も増えているという。現金で相続するのに比べ、賃貸住宅を相続する場合、評価が少なくて済む場合は多いためだ。
〇賃貸物件の内訳をみると、介護サービスなどが受けられる「サービス付き高齢者向け住宅」の建設が増えている模様です。

個人が賃貸住宅投資する際の注意点

賃貸住宅と言っても幅広い。自分が所有している土地にアパートを建設するケースもあるだろうし、区分所有もマンションを買う場合もあるだろう。
例えば、更地にアパートを建てたからと言って、安定的な収入が見込めるとは限らないことに注意しましょう。まず検討すべきは、本当にその計画で何十年も収益を見込めるのか、事業計画をしっかり立てることが肝要でしょう。税金が安くなるからという理由だけで安易な投資に走ると、後で後悔することもあります。

まとめ

バブルの時代に、節税対策のために賃貸アパートの建設が急増しました。その結果何が起こったのでしょうか?
その後のバブル崩壊後、少子化と人口減により、供給過多の状態になり、立地条件のいいアパートは採算が取れているが、立地条件が悪い物件は、空室が目立つ状態になりました。
賃貸住宅も事業です。その地域の賃貸市場の状況を分析し、綿密な採算計画を立てて検討しましょう。

6月30日日経朝刊より要約すると、
-〇住宅市場で賃貸物件の建設が急増 〇新設戸数が前年度比15%増えて5年ぶりの高水準
〇理由は、機関投資家などの投資マネーの流入と、個人の節税投資とみられる。
〇不動産投資信託(REIT)を通じた投資マネーの流入が続いている。国債利回りの低下により、運用の矛先が、安定的な利回りが見込める都市部の賃貸不動産に向かっているようだ。

個人節税投資の増加の理由

〇また、15年1月からの相続税法改正に伴い、課税対象者が広がるため、節税目的の個人投資も増えているという。現金で相続するのに比べ、賃貸住宅を相続する場合、評価が少なくて済む場合は多いためだ。
〇賃貸物件の内訳をみると、介護サービスなどが受けられる「サービス付き高齢者向け住宅」の建設が増えている模様です。

個人が賃貸住宅投資する際の注意点

賃貸住宅と言っても幅広い。自分が所有している土地にアパートを建設するケースもあるだろうし、区分所有もマンションを買う場合もあるだろう。
例えば、更地にアパートを建てたからと言って、安定的な収入が見込めるとは限らないことに注意しましょう。まず検討すべきは、本当にその計画で何十年も収益を見込めるのか、事業計画をしっかり立てることが肝要でしょう。税金が安くなるからという理由だけで安易な投資に走ると、後で後悔することもあります。

まとめ

バブルの時代に、節税対策のために賃貸アパートの建設が急増しました。その結果何が起こったのでしょうか?
その後のバブル崩壊後、少子化と人口減により、供給過多の状態になり、立地条件のいいアパートは採算が取れているが、立地条件が悪い物件は、空室が目立つ状態になりました。
賃貸住宅も事業です。その地域の賃貸市場の状況を分析し、綿密な採算計画を立てて検討しましょう。

ニュースコメントカテゴリの最新記事

error: