日銀がマイナス金利導入を決定へ

日銀がマイナス金利導入を決定へ

日本銀銀行は平成28年1月29日、金融政策決定会合を開き、追加緩和策として、マイナス金利を導入すること等を決定したようです。

当座預金を3つに分け、それぞれプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用することとし、マイナス金利は0・1%の手数料を課すこととしたようです。

当座預金に滞留しているお金を投資に回させ、経済を活性化させ、デフレ脱却を目指そうという施策ですが、もちろん日本では初の試みです。海外では昨年からヨーロッパでマイナス金利政策が導入されたようですが、ついに日本もマイナス金利に踏み込むようです。今回ターゲットになっているのは企業が資金をプールしておく当座預金の一部に限ってのことで、個人の預金などは対象外ですが、ヨーロッパでは、既に国債などもマイナス金利を付けている銘柄も出てきてますね。日銀がそこまで思い切った施策をとるということは、裏を返せば、昨今の日本を取り巻く経済情勢が厳しさを増しているということでしょう。折からの原油安(暴落に近い)、中国を筆頭にした新興国の減速、新年に入っての各国株式市場の急落、為替の円高傾向などが挙げられます。

日銀が同時に公表した展望リポートで、2016年度の物価見通しを従来の前年比プラス1.4%からプラス0.8%に大幅に下方修正し、2%の物価目標達成時期を従来の2016年度後半から17年度前半に先延ばししたことからも、政府の認識の厳しさがうかがえます。

パーソナルファイナンスをテーマにする当サイトにおいても、激変する金融の世界を少しでもわかりやすくナビゲートしていけたらなと思います。更新がしばらく途切れていましたが、再開したいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

貯蓄と投資カテゴリの最新記事

error: