人生の節目で関わってくる保険と税金の関係 [Part1]

人生の節目って色々ありますね。進学・成人・就職・離職や結婚、病気怪我・死亡、種々の事故や災害など、人生での大きな節目ですよね。そんなとき、普段は思いもしなかった出費がかさみます。そんな時に備えるのが保険の役目です。進学に備える学資保険、死亡に備える生命保険、家の火災に備える火災保険などがありますね。でもいざ保険金を貰う、保険料を払うことになった時ついて回るのが税金です。お金が動くところに税金もついて回ります。保険に加入することも大事ですが、税金のことも頭に入れながら、上手に保険を使いこなしていきたいものですね。ここでは、1つ例を挙げて、概略をお話したいと思います、

1.私は就職することになりました。就職を機にこれまで、父が契約していた「私が死亡した場合の生命保険」を契約者を私に変更しようと思います。保険料はこれまで父が支払っていました。契約者を変更するにあたって、もちろん私が保険料を支払うことになります。

このような場合で、仮に私が死亡し死亡保険金が下りた場合、又は満期受取金を受け取った場合に、どのような課税関係になるのでしょうか?

〇この場合は個人間の契約変更になりますが、贈与税は発生しません。死亡保険金や満期受取金は、父と子が保険料を支払った期間で按分して計算されます。
具体例
保険金と税金事例

参考:子の受け取る保険満期金は一時所得又は雑所得として課税されます。

この例では、私の分への課税はゼロになっていますが、その代り親が受け取る分への贈与税が課税されていますね。満期金が下りる時期が早く、親が保険料を納めている期間が相対的に長い場合、贈与税の問題があります。贈与税は累進性が高く高額の贈与になると税率が高くなるので、なるべく回避すべきです。

人生の節目って色々ありますね。進学・成人・就職・離職や結婚、病気怪我・死亡、種々の事故や災害など、人生での大きな節目ですよね。そんなとき、普段は思いもしなかった出費がかさみます。そんな時に備えるのが保険の役目です。進学に備える学資保険、死亡に備える生命保険、家の火災に備える火災保険などがありますね。でもいざ保険金を貰う、保険料を払うことになった時ついて回るのが税金です。お金が動くところに税金もついて回ります。保険に加入することも大事ですが、税金のことも頭に入れながら、上手に保険を使いこなしていきたいものですね。ここでは、1つ例を挙げて、概略をお話したいと思います、

1.私は就職することになりました。就職を機にこれまで、父が契約していた「私が死亡した場合の生命保険」を契約者を私に変更しようと思います。保険料はこれまで父が支払っていました。契約者を変更するにあたって、もちろん私が保険料を支払うことになります。

このような場合で、仮に私が死亡し死亡保険金が下りた場合、又は満期受取金を受け取った場合に、どのような課税関係になるのでしょうか?

〇この場合は個人間の契約変更になりますが、贈与税は発生しません。死亡保険金や満期受取金は、父と子が保険料を支払った期間で按分して計算されます。
具体例
保険金と税金事例

参考:子の受け取る保険満期金は一時所得又は雑所得として課税されます。

この例では、私の分への課税はゼロになっていますが、その代り親が受け取る分への贈与税が課税されていますね。満期金が下りる時期が早く、親が保険料を納めている期間が相対的に長い場合、贈与税の問題があります。贈与税は累進性が高く高額の贈与になると税率が高くなるので、なるべく回避すべきです。

最新情報をチェックしよう!
広告