配偶者控除の見直しの検討が始まります。家族のワークライフバランスをどう保つ?

安倍首相が、配偶者控除や関係する年金制度の見直しを進める意向とのことです。「女性の就労拡大を抑制する効果をもたらしている税・社会保障制度の見直しを幅広く検討する」とのことですが、その是非はともかくとして、今後は主婦の働き方を含めて変わっていきそうです。

議論の焦点になりそうなのが、主婦の収入が103万円を超えた場合に夫の所得控除額が減る配偶者控除と、同じく130万円以上の場合に妻の保険料支払いが生じる年金の第3号被保険者制度。これらの制度があるため、妻が就労を手控えているというのです。

今後どうするのがよいのかという議論はさておいて、結果として予想されるのは、制度の縮小・撤廃ですが、当面は現行の制度のままです。

制度が変わる時までに現在の特権を生かして、子供が小さく働いていない今の時期から長く働けそうな仕事を探す。

または、キャリアアップ(将来の収入増が見込める)仕事を探しておく。仕事をしていない時期から、資格取得などの自己投資をしておき力をためておくことを考えた方がよいと思います。

制度が変わった時損をする家庭、得する家庭

〇損な家庭・・ 主婦の年収が120万 → 働く時間は変わらず年収120万                                 控除がなくなり手取り減少尚且つ年金自己負担

得な家庭・・ 主婦の年収102万 → 働く時間は変わらず資格取得、昇給により年収140万

控除はなくなるが、資格や昇給によって働く時間は変わらず手取り減少を食い止める。                   将来のキャリアアップも見込める。

 

〇 配偶者控除縮小をピンチと捉えずに、家族の良いワークライフバランスを築くチャンスだと捉えましょう!。

ワークライフバランス
最新情報をチェックしよう!
広告