婚外子の相続差別民法規定撤廃へ民法改正案可決婚外子の相続差別民法規定撤廃へ民法改正案可決

ニュース各紙で取り上げられているとおり、婚外子の相続差別規定撤廃が国会で可決されました。
それによると、「結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続の取り分を、結婚している男女の間に生まれた子の半分とする」としている民法の規定は、法の下での平等を定めた憲法の規定に違反しているので、条文から削除するとのことです。
家族構成の多様化、国際的潮流から見ても自然な流れだと思われますが、もともと相続が関係するケースは日本ではまだまだ少数派、今後相続税法が改正され、課税対象のハードルが下げられると、今まで相続税の対象とならなかった人も今後相続に関わってくると予想されます。今まで無縁だった人も、今後関わってくることがあるかもしれません。お金持ちのお妾さんや、愛人さんの子供さんであれば、朗報でしょうか??。日本の伝統的な慣習からいえば、なかなか容認しずらいところではありますが、日本も国際基準に沿った国になろうとしていると感じます。

ニュース各紙で取り上げられているとおり、婚外子の相続差別規定撤廃が国会で可決されました。
それによると、「結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続の取り分を、結婚している男女の間に生まれた子の半分とする」としている民法の規定は、法の下での平等を定めた憲法の規定に違反しているので、条文から削除するとのことです。
家族構成の多様化、国際的潮流から見ても自然な流れだと思われますが、もともと相続が関係するケースは日本ではまだまだ少数派、今後相続税法が改正され、課税対象のハードルが下げられると、今まで相続税の対象とならなかった人も今後相続に関わってくると予想されます。今まで無縁だった人も、今後関わってくることがあるかもしれません。お金持ちのお妾さんや、愛人さんの子供さんであれば、朗報でしょうか??。日本の伝統的な慣習からいえば、なかなか容認しずらいところではありますが、日本も国際基準に沿った国になろうとしていると感じます。

最新情報をチェックしよう!
広告