政府・与党は2014年度税制改正の方針を決めたようです。政府・与党は2014年度税制改正の方針を決めたようです。

政府は、焦点となっている軽自動車税で、新車に対象を限定して軽自動車税を引き上げるもよう。増税幅を現行の年7200円を1万800円に引き上げる方針とのこと。 一方、普通車の自動車取得税は、14年4月から税率を現在の5%から3%に下げる方針。また軽自動車は3%を2%にする案が有力とのこと。軽自動車税に燃費性能に応じ新しい課税制度を導入するとの話もあり、実質の税負担は減るのか増えるのか不明確だが、今後詳細が明らかになるのをまちたい。

現在わかっている点をまとめると

◎ 軽自動車税の増税
1.
生活必需品などの消費税率を低くする軽減税率の導入(時期は未定)
2.大企業の交際費の一部の損金算入(損金となった分は非課税)とする制度の導入
3.エコカー減税の強化 反対に新車登録から11年超の旧型車の増税
4. 高所得者の課税の強化

このような点です。詳細があきらかになれば、分析してみたいと思います。

政府は、焦点となっている軽自動車税で、新車に対象を限定して軽自動車税を引き上げるもよう。増税幅を現行の年7200円を1万800円に引き上げる方針とのこと。 一方、普通車の自動車取得税は、14年4月から税率を現在の5%から3%に下げる方針。また軽自動車は3%を2%にする案が有力とのこと。軽自動車税に燃費性能に応じ新しい課税制度を導入するとの話もあり、実質の税負担は減るのか増えるのか不明確だが、今後詳細が明らかになるのをまちたい。

現在わかっている点をまとめると

◎ 軽自動車税の増税
1.
生活必需品などの消費税率を低くする軽減税率の導入(時期は未定)
2.大企業の交際費の一部の損金算入(損金となった分は非課税)とする制度の導入
3.エコカー減税の強化 反対に新車登録から11年超の旧型車の増税
4. 高所得者の課税の強化

このような点です。詳細があきらかになれば、分析してみたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
広告