消費税増税で脚光を浴びる電子マネー消費税増税で脚光を浴びる電子マネー

来年度の消費税増税を控え、電子マネーが一層脚光を浴びそうだ。食料品や日用雑貨、ガソリンや、自動販売機でも、電子マネー導入が広がっている。2014年4月から8%の税率になると、端数が出ることも多く、消費税を価格に転嫁させやすいことも導入が広がっている理由だ。さらに、2015年10月に消費税率が10%に引き上げが予定されており、電子マネーであれば1円単位でも転嫁しやすいと言われる。消費者にとっては、各社の特徴を掴んで、賢く消費し、ポイントを上手に貯め使い、電子マネーを上手に使いたいものだ。

[contact-form][contact-field label=’Name’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’Email’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’Website’ type=’url’/][contact-field label=’Comment’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

来年度の消費税増税を控え、電子マネーが一層脚光を浴びそうだ。食料品や日用雑貨、ガソリンや、自動販売機でも、電子マネー導入が広がっている。2014年4月から8%の税率になると、端数が出ることも多く、消費税を価格に転嫁させやすいことも導入が広がっている理由だ。さらに、2015年10月に消費税率が10%に引き上げが予定されており、電子マネーであれば1円単位でも転嫁しやすいと言われる。消費者にとっては、各社の特徴を掴んで、賢く消費し、ポイントを上手に貯め使い、電子マネーを上手に使いたいものだ。

[contact-form][contact-field label=’Name’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’Email’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’Website’ type=’url’/][contact-field label=’Comment’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

最新情報をチェックしよう!
広告