マンションの売れ行きが好調のようです。

新築マンションの売れ行きが好調のようですね。2014年の首都圏のマンション発売戸数は、13年見込みと同程度になる見通しとのことです。販売価格や金利の先高観が背景にあるようです。14年4月以降の消費税率引き上げの影響も、住宅ローン減税の拡充等の政府の政策の後押しを受けて、軽微なものに留まるものとなっているようです。デフレ傾向が一服し、販売価格の値上げ傾向があることや、借り入れ金利が将来上がってくるだろうと予想する人も増えているようです。事実、住宅ローン市場も、借り入れ期間20年以上の固定金利は、じり高傾向となっていますね。やはり長期的な金利上昇を見込んでいるのでしょう。一方短期金利は底辺に張り付いたまま、各金融機関はキャンペーンで低金利を競っています。経済の復調傾向は変わらず続きそうですが、水を差すとすれば、海外要因でしょうか?。リーマンショックの時、それまで好調だった不動産市場が一気に冷え込みましたね。

[contact-form][contact-field label=’Name’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’Email’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’Website’ type=’url’/][contact-field label=’Comment’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

新築マンションの売れ行きが好調のようですね。2014年の首都圏のマンション発売戸数は、13年見込みと同程度になる見通しとのことです。販売価格や金利の先高観が背景にあるようです。14年4月以降の消費税率引き上げの影響も、住宅ローン減税の拡充等の政府の政策の後押しを受けて、軽微なものに留まるものとなっているようです。デフレ傾向が一服し、販売価格の値上げ傾向があることや、借り入れ金利が将来上がってくるだろうと予想する人も増えているようです。事実、住宅ローン市場も、借り入れ期間20年以上の固定金利は、じり高傾向となっていますね。やはり長期的な金利上昇を見込んでいるのでしょう。一方短期金利は底辺に張り付いたまま、各金融機関はキャンペーンで低金利を競っています。経済の復調傾向は変わらず続きそうですが、水を差すとすれば、海外要因でしょうか?。リーマンショックの時、それまで好調だった不動産市場が一気に冷え込みましたね。

[contact-form][contact-field label=’Name’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’Email’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’Website’ type=’url’/][contact-field label=’Comment’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

最新情報をチェックしよう!
広告