11月の消費支出が前年同月比実質0.2%の増加11月の消費支出が前年同月比実質0.2%の増加

総務省統計局が27日に発表した家計調査によると、「11月の消費支出が前年同月比実質0.2%の増加になった。また住居を除く消費支出は、前年同月比実質1.2%の減少となった」とのことです。(総務省統計局のHPより要約)

住宅関連の消費が順調のようですね。また車関連の消費も消費増税を見込んでの駆け込み需要に拍車がかかってきているようです。しかし住宅を除いた支出が減少しているのは、なぜでしょうか?勤労者の実質所得が減ってきていることに原因の一つがあると思います。消費者心理としては、インフレ傾向でもあり、実質給料は上がっていないから一般の消費は控えたいが、家や車など高額商品は、消費増税を見越して今のうちに購入しておきたいということでしょうか?駆け込み需要後の反動減を少しでも緩和する政策(アベノミクス)を実行してほしいものですね。

総務省統計局HP

 

http://www.stat.go.jp/data/kakei/

[contact-form][contact-field label=’Name’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’Email’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’Website’ type=’url’/][contact-field label=’Comment’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

総務省統計局が27日に発表した家計調査によると、「11月の消費支出が前年同月比実質0.2%の増加になった。また住居を除く消費支出は、前年同月比実質1.2%の減少となった」とのことです。(総務省統計局のHPより要約)

住宅関連の消費が順調のようですね。また車関連の消費も消費増税を見込んでの駆け込み需要に拍車がかかってきているようです。しかし住宅を除いた支出が減少しているのは、なぜでしょうか?勤労者の実質所得が減ってきていることに原因の一つがあると思います。消費者心理としては、インフレ傾向でもあり、実質給料は上がっていないから一般の消費は控えたいが、家や車など高額商品は、消費増税を見越して今のうちに購入しておきたいということでしょうか?駆け込み需要後の反動減を少しでも緩和する政策(アベノミクス)を実行してほしいものですね。

総務省統計局HP

 

http://www.stat.go.jp/data/kakei/

[contact-form][contact-field label=’Name’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’Email’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’Website’ type=’url’/][contact-field label=’Comment’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

最新情報をチェックしよう!
広告