相続増税をにらんだ生前贈与が要注目です。相続増税をにらんだ生前贈与が要注目です。

現在需要が増えていると言われる「生命保険をつかった生前贈与」ですが、贈与税の非課税枠を使うこと自体は従来から行われている節税対策で、新味はないのですが、15年1月以降の相続税の税制改正も絡み、需要が高まってきているようです。
2013年度の税制改正で、15年1月以降の相続から、相続税の基礎控除額が4割引き下げられ最高税率を55%に引き上げることが決定されています。一方相続税の対象の財産は遺産から基礎控除額を差し引いて計算されます。基礎控除額が引き下げられると、従来の税制では相続税の対象外だった人も新しい税制では課税対象となることも考えられます。
そこで、注目が集まっているのが贈与税の非課税枠を使った生前贈与です。

相続対策としての生前贈与の概略図

単なる節税だけではありません。相続はとかく遺族の間でトラブルが起こりやすいもの、自分が亡くなる前に財産を贈与することで相続トラブルを防げる利点、また生命保険の受取人を指定して、財産を譲りたい人に現金を残せる利点もあります。生保各社の動きも活発で、セミナー等も頻繁に行われている様子、一度足を運んでみては?
現在需要が増えていると言われる「生命保険をつかった生前贈与」ですが、贈与税の非課税枠を使うこと自体は従来から行われている節税対策で、新味はないのですが、15年1月以降の相続税の税制改正も絡み、需要が高まってきているようです。
2013年度の税制改正で、15年1月以降の相続から、相続税の基礎控除額が4割引き下げられ最高税率を55%に引き上げることが決定されています。一方相続税の対象の財産は遺産から基礎控除額を差し引いて計算されます。基礎控除額が引き下げられると、従来の税制では相続税の対象外だった人も新しい税制では課税対象となることも考えられます。
そこで、注目が集まっているのが贈与税の非課税枠を使った生前贈与です。

相続対策としての生前贈与の概略図

単なる節税だけではありません。相続はとかく遺族の間でトラブルが起こりやすいもの、自分が亡くなる前に財産を贈与することで相続トラブルを防げる利点、また生命保険の受取人を指定して、財産を譲りたい人に現金を残せる利点もあります。生保各社の動きも活発で、セミナー等も頻繁に行われている様子、一度足を運んでみては?

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告