以外と知らない、ねんきん定期便の見方

「ねんきん定期便」って年に一度届いてますよね。中を開けてみて、「一通り見てみたけどよくわからない」と思った人や、自分の年金額を見て、「こんなに少なかったんだ」と驚いた人もいるでしょう。今回は、この「ねんきん定期便」の見方について、概略を説明していきたいと思います。

ポイント
☆1 記載される内容は、50歳以上と50歳未満では異なります。
☆2 35歳、45歳、59歳の人に送られるものは、他の年齢の人とは異なっています。
☆3 記載された年金見込額は、共済組合、厚生年金基金から支給される分を含んでいません。

☆1 50歳以上と、50歳未満の違い
「ねんきん定期便」には、老齢年金の見込額が記載されていますが、50歳以上と、50歳未満では算出方法が違います。
年金見込み算出方法の違い

☆2 「封書」の「ねんきん定期便」には、年金加入記録の確認方法などを詳しく記載したパンフレットや、年金加入記録の漏れや誤りがあった場合に日本年金機構に回答するための「年金加入記録 回答票」が同封されています。45歳になった方に送られるパンフレットには、「年金加入記録の確認の流れ」「ねんきん定期便の見方」「年金加入履歴の見方」「年金見込額の記入例」が詳しく書かれています。
ねんきん定期便記載内容の違い

☆3 記載された年金額を見て「こんなに少なくて大丈夫?」と不安になった方もおられることでしょう。しかし、「ねんきん定期便」記載される額は、以下の金額を含んでいません。
➊ 過去に共済組合に加入していた期間があった場合は、その加入記録は反映されていません。
➋ 50歳以上の場合、厚生年金基金から支給される金額は含まれていません。厚生年金と厚生年金基金の一番の違いは、厚生年金は厚生労働省が運用するのに対して、厚生年金基金は保険料の一部を国に納めますが、残りを基金が独自に運用していることです。
➌ 加給年金額(一定の基準を満たせば支給される年金の家族手当のようなもの)の支給が見込まれる場合であっても、その額が反映されていません。また50歳以上の「ねんきん定期便」では、受給資格期間「原則25年」に満たない場合は、見込額が記載されていません。60歳まで加入すれば、受給資格期間を満たす場合でも記載されません。

さて、私たちがこの「ねいきん定期便」を活用する方法について、どんなことがあるでしょうか?
➊ 年金加入履歴に間違いがないかどうか?
これが間違っていれば、問題ですよね。この期間確かに会社に勤めていて厚生年金も払っていたのに、記録がないなぁ?とか、少しでも気になることがあれば、調べてみましょう。「ねんきん定期便」がよいきっかけになりますよね。
➋ 年金見込み額が分かれば、会社を退職したとき、仕事を辞めたときなどに年金がいくらもらえるかの見込がわかるので、老後の生活設計を立てるのに役立ちますね。

皆さんの良い生活設計の一助になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!
広告