住宅ローンと付き合う6つの鉄則

家は、一生で一番高い買い物と言われています。そして、家を買うとき住宅ローンのお世話になることが多いですね。そこで今日は、家を買うタイミング、住宅ローンの選び方、住宅ローン契約後のメンテナンス、住宅ローンにまつわる税金の話などをしていきたいと思います。

衝動買いはダメ、まずは生活設計を立ててから物件選びを

おすすめできないパターン

家を買いたい!そう思って住宅展示場にいきました。綺麗なモデルルームを案内され、営業マンの話しを聞いていたら、なんだか買いたくなってきました。営業マンは、親しげに話しかけ、私は自分の家族や年収、貯金の額を話します。購入資金は現金では用意できないのでローンを組もうかという話になって、営業マンが電卓を片手に計算します。4000万円借りて、月払い〇万円、ボーナス払い〇万円ですと言われて、これなら手が届くなと思います。なおも即答できないでいると、営業マンは今だけの特典ですといって、値引きを持ち出します。これはよいと思い、次の日購入を決断しました。

家選びは一生のことです。いくらその家が気に入ったからと言って、その場の衝動で買ってもいいのでしょうか?ローン自体は組めるかもしれません。しかし将来、自分の子供が成長して理系の大学に進学したらいくらお金がかかるでしょうか?。転勤があるかもしれませんし、自分の両親にもしものことがあるやもしれません。物件選びの前に、20年、30年先のご自分の生活設計を立ててから、どんな家をいつ、いくらで、どんな所に買うのかを冷静に判断してください。

ローンを業者任せにしないこと

不動産会社の営業マンは、なるべく支払が安くなるように見せかけます。また提携ローンを薦めてきます。お客が「支払いが安い」と感じれば、それだけ物件を購入する可能性が高まりますし、提携ローンで契約すれば、自分の会社に手数料が入ります。ローン会社が営業マンの属している会社の系列会社であれば、その会社の売上にもなるので薦めるわけです。しかし、最初は金利が低くても、何年かのちに金利が上がる仕組みになっていませんか?。月々返済額が増え、生活が苦しくなったなんてことにならないように、ご自分の使える住宅ローンを冷静な目で選んで下さい。

住宅ローンの種類・参考

財形住宅融資・勤務先の住宅融資制度・教職員共済
これらが使える方であれば、まずまず有利な選択となるでしょう。
もちろん、一般の銀行、ネット銀行なども魅力的な商品があります。また、昨今銀行は低金利と付帯サービスを競っていますから、自分の生活設計にマッチした商品を選択できます。

長期返済なら固定金利、比較的短期なら変動

住宅ローンは、20年30年の長期に渡り返済しなくてはなりません。長期になればなるほど、金利の変わらない固定金利にするのが安心ですし、比較的短期であれば、低い変動金利を選択し支払を減らすのもよいですね。
借り入れが長期になればなるほど、色々なリスクが考えられます。金利が上がるかもしれません。病気で収入が減るかもしれません。物価が上がり生活が苦しくなるかもしれません。固定金利は借り入れ期間中の支払い額が一定なので安心感があります。一方、比較的短期または少額、長期借入している場合の残りの返済期間が短い場合は、金利が上がっても、支払額の上昇は少なくなるため、変動金利を使って返済額を抑える選択する余地があります。

借りた後のメンテナンスを有利な条件で行えるローンを選ぶ

住宅ローンは借りたら終わりではありません。借りた後も自分の生活に合わせて定期的にメンテナンスし、少しでも有利に返済しましょう。例えば、収入が上がり家計に余裕ができたら、期間短縮する繰り上げ返済をして、少しでも返済を早く終わらせるのも効果的です。また、子供の教育費などがかさむ時期には、返済額を減らせることができる商品もあります。繰り上げ返済を行う可能性があるとわかっていれば、繰り上げ返済手数料無料の商品がよいですね。

税金の軽減措置をフル活用する。

マイホームの税金の軽減措置には様々なものがあります。住宅ローンの残高に応じて所得税(住民税)が差し引かれる住宅ローン控除、他にも不動産取得税の軽減、売却時の3000万円の特別控除、親から住宅資金の贈与を受けた場合の贈与税非課税制度など、使える軽減措置はすべて活用しましょう。

各社特有のサービスをフル活用できる商品を選ぶ

最近は住宅ローンの多様化が進んでいます。3大疾病保障だけでなく7大疾病保障付であれは、年齢が上がれば上がるほど価値があります。女性向けローンは、派遣や契約社員でも契約できる可能性があります。イオン銀行は、ローン契約者限定でイオングループで買い物した時に割引する特典をつけています。

まとめ

住宅ローンといっても色んな商品があります。じっくり探せばきっとあなたにあった住宅ローンがありますよ。自分と家族の将来をしっかり考えてベストな選択をしてくださいね。
[xyz-ihs snippet=”adspost3″]家は、一生で一番高い買い物と言われています。そして、家を買うとき住宅ローンのお世話になることが多いですね。そこで今日は、家を買うタイミング、住宅ローンの選び方、住宅ローン契約後のメンテナンス、住宅ローンにまつわる税金の話などをしていきたいと思います。

衝動買いはダメ、まずは生活設計を立ててから物件選びを

おすすめできないパターン

家を買いたい!そう思って住宅展示場にいきました。綺麗なモデルルームを案内され、営業マンの話しを聞いていたら、なんだか買いたくなってきました。営業マンは、親しげに話しかけ、私は自分の家族や年収、貯金の額を話します。購入資金は現金では用意できないのでローンを組もうかという話になって、営業マンが電卓を片手に計算します。4000万円借りて、月払い〇万円、ボーナス払い〇万円ですと言われて、これなら手が届くなと思います。なおも即答できないでいると、営業マンは今だけの特典ですといって、値引きを持ち出します。これはよいと思い、次の日購入を決断しました。

家選びは一生のことです。いくらその家が気に入ったからと言って、その場の衝動で買ってもいいのでしょうか?ローン自体は組めるかもしれません。しかし将来、自分の子供が成長して理系の大学に進学したらいくらお金がかかるでしょうか?。転勤があるかもしれませんし、自分の両親にもしものことがあるやもしれません。物件選びの前に、20年、30年先のご自分の生活設計を立ててから、どんな家をいつ、いくらで、どんな所に買うのかを冷静に判断してください。

ローンを業者任せにしないこと

不動産会社の営業マンは、なるべく支払が安くなるように見せかけます。また提携ローンを薦めてきます。お客が「支払いが安い」と感じれば、それだけ物件を購入する可能性が高まりますし、提携ローンで契約すれば、自分の会社に手数料が入ります。ローン会社が営業マンの属している会社の系列会社であれば、その会社の売上にもなるので薦めるわけです。しかし、最初は金利が低くても、何年かのちに金利が上がる仕組みになっていませんか?。月々返済額が増え、生活が苦しくなったなんてことにならないように、ご自分の使える住宅ローンを冷静な目で選んで下さい。

住宅ローンの種類・参考

財形住宅融資・勤務先の住宅融資制度・教職員共済
これらが使える方であれば、まずまず有利な選択となるでしょう。
もちろん、一般の銀行、ネット銀行なども魅力的な商品があります。また、昨今銀行は低金利と付帯サービスを競っていますから、自分の生活設計にマッチした商品を選択できます。

長期返済なら固定金利、比較的短期なら変動

住宅ローンは、20年30年の長期に渡り返済しなくてはなりません。長期になればなるほど、金利の変わらない固定金利にするのが安心ですし、比較的短期であれば、低い変動金利を選択し支払を減らすのもよいですね。
借り入れが長期になればなるほど、色々なリスクが考えられます。金利が上がるかもしれません。病気で収入が減るかもしれません。物価が上がり生活が苦しくなるかもしれません。固定金利は借り入れ期間中の支払い額が一定なので安心感があります。一方、比較的短期または少額、長期借入している場合の残りの返済期間が短い場合は、金利が上がっても、支払額の上昇は少なくなるため、変動金利を使って返済額を抑える選択する余地があります。

借りた後のメンテナンスを有利な条件で行えるローンを選ぶ

住宅ローンは借りたら終わりではありません。借りた後も自分の生活に合わせて定期的にメンテナンスし、少しでも有利に返済しましょう。例えば、収入が上がり家計に余裕ができたら、期間短縮する繰り上げ返済をして、少しでも返済を早く終わらせるのも効果的です。また、子供の教育費などがかさむ時期には、返済額を減らせることができる商品もあります。繰り上げ返済を行う可能性があるとわかっていれば、繰り上げ返済手数料無料の商品がよいですね。

税金の軽減措置をフル活用する。

マイホームの税金の軽減措置には様々なものがあります。住宅ローンの残高に応じて所得税(住民税)が差し引かれる住宅ローン控除、他にも不動産取得税の軽減、売却時の3000万円の特別控除、親から住宅資金の贈与を受けた場合の贈与税非課税制度など、使える軽減措置はすべて活用しましょう。

各社特有のサービスをフル活用できる商品を選ぶ

最近は住宅ローンの多様化が進んでいます。3大疾病保障だけでなく7大疾病保障付であれは、年齢が上がれば上がるほど価値があります。女性向けローンは、派遣や契約社員でも契約できる可能性があります。イオン銀行は、ローン契約者限定でイオングループで買い物した時に割引する特典をつけています。

まとめ

住宅ローンといっても色んな商品があります。じっくり探せばきっとあなたにあった住宅ローンがありますよ。自分と家族の将来をしっかり考えてベストな選択をしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
広告