災害にあったときに税金面のサポートは?

最近、洪水や竜巻など自然災害が多発したり、また盗難等の被害も増えてきていますね。自分自身のせいではない不可抗力で、自分たちの家や財産が被害にあったら、なんらかの援助があってもいいと思いませんか?。はい、そのような場合に税金面で助けてくれるのが雑損控除です。雑損控除は、住宅や家財などが災害、盗難にあった場合、被害額を所得から差し引くことができる制度です。

       ↓  パネルをクリックすると説明が現れます。  ↓ 







どんな場合に雑損控除が受けられるの?
震災、風水害など災害、火災・爆発などの災害、盗難・横領(詐欺や脅迫の場合は除く) ・・・これを見ると災害全般に幅広く認められていますね。
控除を受けられる人は?
被害を受けた本人はもちろんOKです、本人と生計を一にする配偶者やその他の親族で、その年の総所得金額等が38万円以下の者も認められることになっています。

 

その対象資産は?
日常生活に通常必要な住宅・家具・衣類等(事業用の資産など一部対象とならないものもあります。)・・・常識的な範囲内で被害を受けたものに対して認められるということのようです。

 

控除される金額は?
控除されるのは、次の①と②のうちいずれか多い方の金額です。
   ①損害金額 ― 保険などで補填される金額 ―(総所得金額×10%)
   ②災害関連支出額-5万円
   雑損控除の金額が多すぎて災害を受けた年の所得から控除しきれない場合、翌年以降3年間にわたって控除することができます。(3年間の繰越控除が認められる)
損害額から保険費用等を差し引いた金額から若干引いた金額を控除しますという意味に受け取れますね。個別事案については、税務署などの専門機関または税理士等の専門家にご相談ください。

 

控除を受けるための手続き
確定申告をします。雑損控除に関する事項を記載するとともに、災害関連支出の金額の領収書等、住宅や家財の損害額を証する書類を添付します。
 給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)を添付します。また盗難にあった場合は警察が発行した盗難証明書が必要です。個別事案については、専門家等にご相談ください。確定申告時をして必要な書類を添付するというのは普通に行われることですね。

最新情報をチェックしよう!
広告