お得なはずの電子マネーやクレジットカードでなぜか支出が減らない? こんな風に減らせばよいかも?

買い物する際、電子マネーやクレジットカードを使うことが増えています。増えている理由の一つに、つり銭がいらない便利さがあると言われています。買い物をしたとき、普通に現金で払うと小銭が出ますよね。小銭のやりとりがわずらわしいと、電子マネーやクレジットカードを使う人もいます。そしてもう一つが、使うたびにポイントも貯まることでお得だということで使っている人も増えていることです。確かに買い物ついでにポイントが貯まるので、なんだか得した気がします。でも実際にはこんな嬉しくないケースも増えているようですよ。

-節約になるし便利だからと使い始めたのはいいが、毎月の支払を振り返ってみるとなぜか支払が減るどころか2割以上増えている。-

支出を減らそうとカードを使ったのに、なぜ増えてしまうのか?今回はカード利用によって支出が増えることを防ぐ法を考えてみたいと思います。

実際にお札や硬貨を出す訳でなく、お金を払う痛みを感じにくい

現金を用意する必要のないカードは、お金を支払った実感が乏しいといえます。一説にはカードを使った場合、支出は2割以上増えると言われています。お金を使っているという実感が薄く、つい無駄使いしてしまうのでしょうね。企業がカード利用を推進したがる理由もうなずけます。

・ネットで見てたら欲しいものがあった。カードが使えるみたいだし、買っちゃおう。
・リボ払いにしていて、いくら買っても毎月の支払のリミットを決めてるから安心、買っちゃおう。

昨今の消費税増税で現金で支払う際に、小銭を使うケースも増えています。この小銭のやり取りが煩わしいと、電子マネーを使うケースも増えていますね。筆者も最近セブンイレブンのNanacoカードを使い始めました。カードを使う場面が増えれば増えるほど企業は得をし(余計に買い物をしてもらえる)、消費者は無駄使いや衝動買いをする可能性があるというわけです。

クレジットカードのポイント稼ぎが無駄使いの元凶?

クレジットカードの魅力の一つに、使うたびにポイントが貯まっていくことが挙げられます。ポイントがつくからと小さなものまでクレジットカード払いにしたり、必要でないものまで買ってしまったり、高いものを買ってしまったりことがありませんか?いつの間にかポイントを貯めるための買い物に走ってることに気づいてください。ポイントはおまけ程度に思っておいたらよいのではないでしょうか?

支出を減らす方法

では、カード払いの支出を減らす方法はあるのでしょうか?

レシート等を保管し、買うたびに家計簿に記入する

使い過ぎを防ぐには、いくら使ったのかを家計簿に記録し、管理するのがよいでしょう。チャージした金額より実際使った額を記録した方がより効果的ですが、面倒だという方は、とりあえずチャージした金額でもよいでしょう。大事なのは、お金の使ったその日に記録することです。紙の家計簿を使うのが面倒だという方は、スマホの無料アプリの家計簿を使ってもよいでしょう。目的は何にいくら使ったのかを把握し、節約の意識づけを持つことです。クレジットカード会社から送られてくる毎月の明細を見ればわかるじゃないかと思われる方も、一度家計簿(家計簿アプリ)使って見られてはいかがでしょうか?。自分で作った家計簿なら、節約するにも思い入れが違ってくるでしょう。

支払のリミットを決めてみる

クレジットカードは、支払の上限額を定めるようにはなっていませんね。カード会社はカードを出来るだけ使ってほしいですから、そんな機能は無いのが当たり前ですよね。ならば、自分でカードの支払の上限(リミット)を決めてみるのも手ではないでしょうか?

例えば、毎月のクレジット支払を3万円までと決めます。
3万円のうち、電気代で1万円、通信費で5千円かかるのであとは1万5千円、じゃあ本代に3千円使って、服代に5千円使って・・・という感じで、上限を決めておき、その範囲内で使うようにする方法もあります。

電子マネーの場合は、毎月一定額をチャージし、それ以上は使わないと決めるのも手です、毎月のチャージ額をいつも使う額の8割程度にしておいて、それ以上使うことができないようにするのです。そうすることで使い過ぎを防ぐことができますね。また決めた金額の範囲内で上手く使っていこうという意識も芽生えてきますよね。

出費の痛みの感覚を取り戻すため、電子マネーやクレジットカード払いを止めてみる

そうした管理ができないなら、クレジットカードや電子マネーを使うのをやめるのも手です。支払いのたびに財布から小銭を出すのは面倒ですが、現金をあえて扱うことで、お金を払った感覚を取り戻せます。
お店によっては、銀行などのキャッシュカードをデビットカードとして使えます。デビットカードなら、その場で口座から引き落とされますので、現金で払ったのと同じことになります。またその口座に毎月一定額(少な目に)を入金しておくようにすれば、口座の残高以上には使えませんので、使い過ぎを防ぐことができます。

効果的にクレジットカードのポイントを使う

ポイント目的の買い物に走ってしまいがち、とはいってもポイントが付くのは魅力的です。そこでポイントを有効に使う方法をご紹介します。それは、無駄つかいが起きにくい電気代や水道代、保険料をクレジットカード払いにしてしまうことです。ポイント稼ぎのために、電気や水道を使うことはおそらくないでしょう。保険料もしかりです。これなら、家計のやりくりにも影響しませんし、一度手続きしてしまえば済みます。

まとめ

クレジットカードや電子マネーは便利ですが、使い過ぎに気を付けましょう。家計簿(家計簿ソフト等)を利用して、上手に使いこなせるようになりましょう。

最新情報をチェックしよう!
広告