知らないと損!。健康保険の傷病手当金は、仕事以外の時に病気やケガをしてもお金がもらえる。

もし、あなたが仕事以外で病気やけがをして、会社に行って働くことができず、給料がもらえずその間収入が途絶えるとしたら、困りますよね。そんな時の救いの神とも言えるのが、健康保険の傷病手当金です。傷病手当金は、生活保障として、国からお金がもらえるのです。こんなすごい制度も、知らなくて申請しなければお金はもらえませんよ。今回はそんな「傷病手当金」をご紹介したいと思います。

傷病手当金とは?

傷病手当金は、病気やけがににより、会社を休み十分な収入を得ることができない場合に支給されます。休業中の健康保険の被保険者とその家族の生活保障のために設けられた制度なのです。

傷病手当金はどんな時もらえるの?

傷病手当金はどんな時もらえるのでしょうか?概要をまとめてみました。

業務外の傷病で働くことができないこと

業務上・通勤災害、病気とはみなされない美容整形等は支給対象外です。

傷病のため、連続して3日以上仕事を休んだこと

会社を休んだ日が連続して3日以上あった時、4日目から支給されます。この最初の3日間(待機期間といいます。)は支給対象外ということですね。

給料を全額受け取っていないこと

休んだ期間に、会社から傷病手当金より多くの給与を受け取った場合は支給対象になりません。そもそも手当の目的が生活保障のためですから当然ですよね。

傷病手当金はいくらくらいもらえるの?

休業1日につき、平均給与1日あたりの額の3分の2相当額をもらうことができ、最長1年6か月もらうことができます。

申請しないともらえない

傷病手当金をもらうためには、所定の書式に医師の証明書をつけて、更に勤めている会社に、休んだ期間について給与の支給がなかったことを証明してもらいます。請求先は協会けんぽや健康保険組合などの保険者になります。いずれにしても、会社を通して手続きすることになります。

過去の傷病に遡って手続きできるの?

もし、その時手続きしていなくて、傷病手当金をもらっていなくても、病気やけがで仕事ができなかった日から2年前以内であれば、遡って傷病手当金を受けることができる可能性があります。こころあたりのある方は、すぐ調べてみるといいかもしれません。

民間保険とくらべて手厚い保護

民間の医療保険は、保険金をもらえる要件として、入院が必要であったり、期間の制約があったりします。この点、傷病手当金は、入院の必要もなく、もらえる期間も支給開始日から最長1年6か月です。同条件で民間保険があったとしても、高額の保険料を支払わなければならないでしょう。

まとめ

健康保険に入っているメリットはこんなところにもあるのですね。給与の3分の2を最長1年6か月ももらえる制度はとてもありがたいです。「病気やケガで会社を休んで収入が途絶える」これは、この記事を読んでくれた皆さんにも、将来降りかかってくるかもしれない災難です。その時に、思い出して、もらい損ねるのないようにしてほしいです。 では、また。See you again!

最新情報をチェックしよう!
広告