ビットコイン、その驚くべき特徴

ビットコインとは、ネット上で流通する仮想通貨である。普通の通貨と違い、ビットコインには中央銀行も造幣局もない。また、マイレージサービス等各種の電子マネーのように、航空会社のような発行主体も管理者もいないのだ。あるのは、利用者間のネットワークだけ、ではどうやって、不正を防ぐことができるのか。
この問題に応えるのが、ブロックチェーンと呼ばれるものだ。ビットコインの取引は、すべて「ブロックチェーン」と呼ばれるネットワーク上の取引台帳に記録される。自分が、いくらビットコインを持っているのか、そのビットコインを誰に譲り渡し、譲り渡された人は誰にまた渡したのか、そのすべての取引が記録されている。2009年にビットコインが生まれてから今現在に至るまでのすべてである、そのすべての取引記録(ブロックチェーン)は、取引をする者のパソコン内に保存、記録され、ネットワークに接続するたび更新されていく。

常に更新されたデータ同士を照合しあうことで、取引の改ざんや2重使用が行われないようにする。これがビットコインの最大の特徴である。

普通、人々が金融機関に口座を持ち、取引するのはその金融機関が不正を働かないという信用があるからである。しかし、ビットコインは、膨大なブロックチェーンに記録された取引データを常に更新、照合することで、不正をはじき出すことができるのだ。またデータも暗号化されていおり、改ざんなど不正な行為はほぼ不可能だ。中央政府の管理や、金融機関にも依存しない決済ができる秘密はここにある。

ビットコインの世界で、この検証作業を「プルーフ・オブ・ワーク」という。

驚くべきことではないか!、自分のパソコンの中に世界中のビットコインの取引のすべてが記録されており、ネットワーク参加者が情報を共有することで、監視の仕組みを確立し、不正を防ぐことができるとは。!

最新情報をチェックしよう!
広告