株式投資をして株主になるとどんなメリットがあるの?株式投資をして株主になるとどんなメリットがあるの?

株式投資ってなんかこわい、株価が値下がりしたら損するんでしょ?、専門用語がでてきて難しそうだし「株主総会」っていったことないし、総会屋とかいるんでしょ、証券会社ってお客に回転売買させて手数料稼ぎするんでしょ、信用できないしお金を任せられないわ、そんな声をよく聞きます。デイトレーダーのように、一日に何回も株式売買をするのは、投資でななく投機といえるでしょうし、初心者にはおすすめできません。しかし時代は変わってきています。生活者の視点から見ても、資産を銀行に預け預金をしていればそれなりの金利を享受できた時代から、今後は、次々と生まれる新しい金融商品・金融手法を見極め、どのように(直接投資、投資信託、保険、仕組預金・・etc)資産を管理し運用をしていくことがより重要度が高まってくるでしょう。国の各種規制緩和、金融制度改革が進んでいます。NISA(少額投資非課税制度)が来年1月1日より始まり、個人が長期の投資で資産形成に役立てる、本来の株式投資がよりやりやすい時代になってきつつあります。

あなたが、このような方でしたら、ご自分のマネープランの中に、投資(株式投資)を選択肢に入れることをお勧めします。
○貯金しており当面使わない資金がある。
○会社の経営や経済に興味関心があり、数字や表を読んだりするのが苦にならない。
○リスク(損する可能性)とリターン(儲けられる可能性)を天秤にかけ判断できる。
○株が好き。

今回は、株主になるとどんなメリットがあるのか、簡単にご説明したいと思います。

株主総会で議決権を行使できる。
配当金を受け取ることができる。(その分株価は下がる)
株主優待を受けられる。
株式分割で無償で株式を貰える。(その分1株当たりの株価は下がる)
IR活動(投資家向けの広報活動)による情報提供を受けられる。
投資判断に必要な情報や自社株の投資価値を適時にまたは継続的に
売却益を得られる。

ほかに副次的なメリットとして・・・ご自分の経済リテラシーの醸成、投資を通じて経済社会をより身近に感じることができることなどが考えられます。

株式投資ってなんかこわい、株価が値下がりしたら損するんでしょ?、専門用語がでてきて難しそうだし「株主総会」っていったことないし、総会屋とかいるんでしょ、証券会社ってお客に回転売買させて手数料稼ぎするんでしょ、信用できないしお金を任せられないわ、そんな声をよく聞きます。デイトレーダーのように、一日に何回も株式売買をするのは、投資でななく投機といえるでしょうし、初心者にはおすすめできません。しかし時代は変わってきています。生活者の視点から見ても、資産を銀行に預け預金をしていればそれなりの金利を享受できた時代から、今後は、次々と生まれる新しい金融商品・金融手法を見極め、どのように(直接投資、投資信託、保険、仕組預金・・etc)資産を管理し運用をしていくことがより重要度が高まってくるでしょう。国の各種規制緩和、金融制度改革が進んでいます。NISA(少額投資非課税制度)が来年1月1日より始まり、個人が長期の投資で資産形成に役立てる、本来の株式投資がよりやりやすい時代になってきつつあります。  

あなたが、このような方でしたら、ご自分のマネープランの中に、投資(株式投資)を選択肢に入れることをお勧めします。
 ○貯金しており当面使わない資金がある。
 ○会社の経営や経済に興味関心があり、数字や表を読んだりするのが苦にならない。
 ○リスク(損する可能性)とリターン(儲けられる可能性)を天秤にかけ判断できる。
 ○株が好き。

今回は、株主になるとどんなメリットがあるのか、簡単にご説明したいと思います。

株主総会で議決権を行使できる。
配当金を受け取ることができる。(その分株価は下がる)
株主優待を受けられる。
株式分割で無償で株式を貰える。(その分1株当たりの株価は下がる)
IR活動(投資家向けの広報活動)による情報提供を受けられる。
投資判断に必要な情報や自社株の投資価値を適時にまたは継続的に
売却益を得られる。

ほかに副次的なメリットとして・・・ご自分の経済リテラシーの醸成、投資を通じて経済社会をより身近に感じることができることなどが考えられます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告