経済産業省は太陽光発電の買い取り価格2割下げも検討しており、再生エネルギーの多様化を目指す方針

経済産業省は太陽光発電の買い取り価格の引き下げを検討しているという。2015年度に1キロワット時38円から平成13年度には30円と、2年で2割以上も下げる案も浮上しているとのことですが、買い取り価格の低下の方針を打ち出したことで、投資判断にどの程度影響を及ぼすのでしょうか?

短期的には認定の前倒しの動きが強まり、数年後の反動減もありうる。
固定価格買い取り制度は、一度適用した価格は買い取り期間ずっと適用されるため、買い取り価格が高いうちに設備認定を受けようという動きが強まる。事実、買い取り価格が高い時期に認定を受け、いまだ稼働していないものもかなりの割合あります。買い取り単価が高く、稼働時期を遅らせることにより、設備導入コストの低減を見込めた時代から、買い取り単価が下落することと、設備導入コストの低減を両にらみしながら、投資のタイミングを探っていく時代になっていくと思われます。

電気を売る場合
単純計算すれば、もし買い取り価格が3割下がれば、その分回収できる金額が減り、投資メリットが減殺されます。しかしいくら売電価格が下がったとしても、自家消費は変わりなくできるので、ここのメリットは変わらない。問題は、買取した場合の、売電収入が減ることです。設備業者は、買い取り価格の引き下げをセールスポイントにし、早期設置が得だと言うでしょう。筆者は、慎重かつ十分な計算をしたうえで自分の家計にプラスになるかどうかを考えたいと思っています。

電気を買う場合
今回の政府の方針は、再生エネルギーの多様化を促進し、他のコストの安い地熱や風力の発電を促進することにあるようです。長い目でみて、太陽光のみに頼らず再生エネルギーを多様化する方針は、消費者利益につながるのではないでしょうか?

経済産業省は太陽光発電の買い取り価格の引き下げを検討しているという。2015年度に1キロワット時38円から平成13年度には30円と、2年で2割以上も下げる案も浮上しているとのことですが、買い取り価格の低下の方針を打ち出したことで、投資判断にどの程度影響を及ぼすのでしょうか?

短期的には認定の前倒しの動きが強まり、数年後の反動減もありうる。
固定価格買い取り制度は、一度適用した価格は買い取り期間ずっと適用されるため、買い取り価格が高いうちに設備認定を受けようという動きが強まる。事実、買い取り価格が高い時期に認定を受け、いまだ稼働していないものもかなりの割合あります。買い取り単価が高く、稼働時期を遅らせることにより、設備導入コストの低減を見込めた時代から、買い取り単価が下落することと、設備導入コストの低減を両にらみしながら、投資のタイミングを探っていく時代になっていくと思われます。

電気を売る場合
単純計算すれば、もし買い取り価格が3割下がれば、その分回収できる金額が減り、投資メリットが減殺されます。しかしいくら売電価格が下がったとしても、自家消費は変わりなくできるので、ここのメリットは変わらない。問題は、買取した場合の、売電収入が減ることです。設備業者は、買い取り価格の引き下げをセールスポイントにし、早期設置が得だと言うでしょう。筆者は、慎重かつ十分な計算をしたうえで自分の家計にプラスになるかどうかを考えたいと思っています。

電気を買う場合
今回の政府の方針は、再生エネルギーの多様化を促進し、他のコストの安い地熱や風力の発電を促進することにあるようです。長い目でみて、太陽光のみに頼らず再生エネルギーを多様化する方針は、消費者利益につながるのではないでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
広告