アベノミクスの今後の進展アベノミクスの今後の進展

今回は、アベノミクスが株式式市場に与える影響について、考えてみたい。

活況を呈している日本の株式市場で、日銀の追加緩和への期待が強まってきている。アベノミクスが始まってから1年がたち、第一の矢である金融政策の今後の動向が注目される。日本の危機的な財政状況を考えると、第2の矢である機動的な財政政策に大きな期待はかけられないだろう。第3の矢である成長戦略は、長期的には成長に寄与すると見込まれても、短期的な効果はなかなか実感できないのが現実である。当面は、第1の矢である金融政策をどうするのか。追加緩和はあるのかどうかが注目される。

アベノミクスの1年と今後の課題
1.企業収益の改善は図られたが、賃金や雇用の増加まで波及するかどうかいまだ不透明である。
円高の修正や資産価格上昇で自動車や電機などの企業収益は劇的に回復した。しかし企業収益の改善が、賃金や雇用を増やし、消費を喚起して再び企業の回復と投資の拡大に結びついていく好循環に入るかどうかには、なお課題が多い。
政府は賃金を引き上げるため、税制面での優遇措置や、企業経営者に対する働きかけを行い、一部の企業は前向きに検討し始めたが、そこで働く従業員の数は、日本全体からみればわずかだ。一方、非正規労働者は1000万人を超えており、労働者の今後に対する不安感は払拭されたとは到底言い難い。
企業側も、労働コストを上げる賃金改定には二の足を踏んでいる。ベア(賃金水準を一律に引き上げる)を改定するより、一時金やボーナスを上げる方が圧倒的に多い。

アベノミクスが、消費者・労働者・企業経営者の、将来への不安感を払しょくする次の一手がが打てるかどうかが注目される。

2.最近の動向 減反政策を廃止方向で検討
政府は、戦後長らく続いてきた米の減反政策について、5年後の2018年度に廃止する方向で検討を進めている。減反政策を廃止することで、農業の大規模化が進み、農業の競争力が強化され、新たな雇用を生み出すことも可能になるということだが、難題である。減反政策を廃止すれば、価格低下により、経営できなくなる小規模農家をどうするのか?。大規模化への移行をスムーズに進めるだけでは不十分で、技術革新による商品の高付加価値化を進められるような、手厚い政策が必要になってくるでしょう。

競争力を強化するために、整理淘汰もやむをえまいが、問題は日本全体で見たときの競争力の強化に繋がる次の一手が打てるかどうかである。

今回は、アベノミクスが株式式市場に与える影響について、考えてみたい。

活況を呈している日本の株式市場で、日銀の追加緩和への期待が強まってきている。アベノミクスが始まってから1年がたち、第一の矢である金融政策の今後の動向が注目される。日本の危機的な財政状況を考えると、第2の矢である機動的な財政政策に大きな期待はかけられないだろう。第3の矢である成長戦略は、長期的には成長に寄与すると見込まれても、短期的な効果はなかなか実感できないのが現実である。当面は、第1の矢である金融政策をどうするのか。追加緩和はあるのかどうかが注目される。

アベノミクスの1年と今後の課題
1.企業収益の改善は図られたが、賃金や雇用の増加まで波及するかどうかいまだ不透明である。
 円高の修正や資産価格上昇で自動車や電機などの企業収益は劇的に回復した。しかし企業収益の改善が、賃金や雇用を増やし、消費を喚起して再び企業の回復と投資の拡大に結びついていく好循環に入るかどうかには、なお課題が多い。
 政府は賃金を引き上げるため、税制面での優遇措置や、企業経営者に対する働きかけを行い、一部の企業は前向きに検討し始めたが、そこで働く従業員の数は、日本全体からみればわずかだ。一方、非正規労働者は1000万人を超えており、労働者の今後に対する不安感は払拭されたとは到底言い難い。
企業側も、労働コストを上げる賃金改定には二の足を踏んでいる。ベア(賃金水準を一律に引き上げる)を改定するより、一時金やボーナスを上げる方が圧倒的に多い。

 アベノミクスが、消費者・労働者・企業経営者の、将来への不安感を払しょくする次の一手がが打てるかどうかが注目される。

2.最近の動向 減反政策を廃止方向で検討
 政府は、戦後長らく続いてきた米の減反政策について、5年後の2018年度に廃止する方向で検討を進めている。減反政策を廃止することで、農業の大規模化が進み、農業の競争力が強化され、新たな雇用を生み出すことも可能になるということだが、難題である。減反政策を廃止すれば、価格低下により、経営できなくなる小規模農家をどうするのか?。大規模化への移行をスムーズに進めるだけでは不十分で、技術革新による商品の高付加価値化を進められるような、手厚い政策が必要になってくるでしょう。
 
 競争力を強化するために、整理淘汰もやむをえまいが、問題は日本全体で見たときの競争力の強化に繋がる次の一手が打てるかどうかである。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告