~エコロジーな生活をめざす方に~ 家庭用電気生ごみ処理機を購入する費用に、自治体の助成金がでます。~エコロジーな生活をめざす方に~ 家庭用電気生ごみ処理機を購入する費用に、自治体の助成金がでます。

家庭の生ごみを乾燥させ減量したり、堆肥にすることができる電気生ごみ処理機を購入する人も増えてきました。家庭から出るゴミの量を何分の一かに減らせ環境保護に役立つほか、微生物によって生ごみを分解にして堆肥化するタイプの場合、家庭菜園で肥料として使えるなどの機能がある。環境保護につながる電気生ごみ処理機の購入には、自治体の助成金が出るので、活用してみるのもよいだろう。

◎助成を受けられる人:自治体に継続して住んでいる人または家族
◎申請期間:購入前に申請したり、購入後一定期間内に助成を申請する場合がある。また一度助成を受けても一定期間を過ぎれば、再度利用できる場合もある。
◎申請方法:申請書、購入した領収証、申請者の振込み名義人などがわかるものを自治体窓口に提出することが必要です。
◎助成額:自治体によって異なります。
東京都千代田区の場合:購入金額の2/3 (限度額:3万円)
北九州市の場合:購入価格の2分の1 (限度額20,000円)

◎デメリット:電気代がかかることでしょう。一般的に「乾燥させるタイプ」は熱風で乾燥させる分、それなりに電気代がかかるでしょう。「堆肥にするタイプ」は、微生物を使うことと、低温で乾燥させてゴミを減容させるので電気代は「乾燥させるタイプ」に比べると安くなります。電気代がアップする額は、使用頻度、家族構成にもよりますので、一概には言えませんが、300円~1100円/月程度は増えることになるでしょう。

◎面白い発想?:家庭用太陽光発電を購入している人であれば、発電した電気を家庭用生ごみ処理機の電気代に充てれば、(自家発電→自家ゴミ処理→堆肥にした肥料を自家栽培の野菜等に使う) のリサイクルが家で出来てしまいますね。もっとも、手間暇を掛けられるかの問題がありますが・・・。

↓各市町村によって助成制度は異なります。こちらを参考にしてみてください。
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/gomi/map.html

 
家庭の生ごみを乾燥させ減量したり、堆肥にすることができる電気生ごみ処理機を購入する人も増えてきました。家庭から出るゴミの量を何分の一かに減らせ環境保護に役立つほか、微生物によって生ごみを分解にして堆肥化するタイプの場合、家庭菜園で肥料として使えるなどの機能がある。環境保護につながる電気生ごみ処理機の購入には、自治体の助成金が出るので、活用してみるのもよいだろう。

◎助成を受けられる人:自治体に継続して住んでいる人または家族
◎申請期間:購入前に申請したり、購入後一定期間内に助成を申請する場合がある。また一度助成を受けても一定期間を過ぎれば、再度利用できる場合もある。
◎申請方法:申請書、購入した領収証、申請者の振込み名義人などがわかるものを自治体窓口に提出することが必要です。
◎助成額:自治体によって異なります。
東京都千代田区の場合:購入金額の2/3 (限度額:3万円)
北九州市の場合:購入価格の2分の1 (限度額20,000円)

◎デメリット:電気代がかかることでしょう。一般的に「乾燥させるタイプ」は熱風で乾燥させる分、それなりに電気代がかかるでしょう。「堆肥にするタイプ」は、微生物を使うことと、低温で乾燥させてゴミを減容させるので電気代は「乾燥させるタイプ」に比べると安くなります。電気代がアップする額は、使用頻度、家族構成にもよりますので、一概には言えませんが、300円~1100円/月程度は増えることになるでしょう。

◎面白い発想?:家庭用太陽光発電を購入している人であれば、発電した電気を家庭用生ごみ処理機の電気代に充てれば、(自家発電→自家ゴミ処理→堆肥にした肥料を自家栽培の野菜等に使う) のリサイクルが家で出来てしまいますね。もっとも、手間暇を掛けられるかの問題がありますが・・・。

↓各市町村によって助成制度は異なります。こちらを参考にしてみてください。
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/gomi/map.html

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告