財産つくりの長期目標を立てて、着実に実行していこう。財産つくりの長期目標を立てて、着実に実行していこう。

中国の故事にこんな言葉があります。

「大道は多岐なるを以って羊を亡う」 「列子」

たいどうは、たきなるをもってひつじをうしなう。

大道というのは、長期目標という意味で、多岐というのは、脇道すなわち誘惑とでもいうべきでしょうか。羊はこの場合、目標とする成果を意味します。大きな目標を立てるのはいいが、大きな目標を達成する前に、脇道に迷い込んで、そのうち肝心の大きな目標を忘れてしまう、人間はとかくそのような状況に陥りがちであることを戒めたものとも考えられます。「列子」のことばを借りれば、「多岐亡羊」と言えます。人生において、長期目標を立てるのはよいことです。しかし、目標を達成する前に、人生には分かれ道がやってきます。どの道を選ぶか決断の時に大切なのは、大きな目標のためにどちらの道にいけばいいのか、大目標を見失わず判断することだと思います。また大きな目標達成のためには、たとえば、10年間の中期目標、3年間の短期目標を立てて、着実に大きな目標に近づいていくことも、大事なのではないでしょうか。 この故事は、現代の財産づくりにも当てはまるのではないでしょうか?。日本の一昔前のサラリーマンのように、長期雇用・年功序列の会社生活の中で、引かれたレールに沿っていれば、みんながそれなりに財産を築けた時代は過去のものです。今後は、財産作りにおいても、各人それぞれが、創意工夫を凝らし、それぞれに合った方法で財産づくりをしていく時代になると思います。しかし、複雑高度化した世の中で、「多岐」は山ほどあり、またそれを見極めていくのは容易ではありません。時には、税理士やファイナンシャルプランナー等の専門家の力を借りることも大切でしょう。また、自分で財産つくりの長期目標、中期目標、短期目標を立て、その時々で反省、改善点を考えていくことも良いかもしれません。このサイトが皆さんの財産づくりの一助になれば幸いです。 今日は古めかしい故事を引用してのお話でしたが、いかがでしたか?。私は故事が好きです。なぜなら、故事は過去に生きた人間の叡智が詰まっており、現代にも通じるものも多いと思うからです。これから事あるごとに故事を引用してのお話も織り交ぜていこうと思います。 どうか今後ともよろしくお願いします。

The Chinese historical fact has such words.

「大道は多岐なるを以って羊を亡う」 「列子」

たいどうは、たきなるをもってひつじをうしなう。

Should many divergences call the avenue even a sideway namely temptation in the meaning called the long-term sign? The sheep means this case, result to aim for. It is good to put up a big sign, but it is thought that I admonished that the human being who I hesitate about the sideway and am crowded before achieving a big aim, and forgets a big aim important soon is apt to fall into such situation in many cases. I can say “difficulty of a truth seeker” if I borrow the words of “the line child”. In the life, it is good to put up a long-term sign. However, a forked road comes over in the life before achieving an aim. Do you think that it is what I judge which way important one should go to for a big aim at the time of decision which way you choose without losing sight of big game? In addition, for example, I put up an aim in a middle aim of 10 years, a short term of 3 years, and, for the big accomplishment, is it not important to approach the steadily big aim? May this historical fact fulfill the making of modern property? Like an office worker an age in Japan ago, it is past in the times when all were able to build the property as such in company life of the long-term employment, seniority if along a pulled rail. In the making of property, each each person concentrates an inventive idea and will think that it is in the times making property by a method in accord with each in future. However, in the complicatedly highly-developed world, I have a lot of “many divergences”, and it is not easy to make sure of it again. It will be important to sometimes borrow the power of the experts such as a licensed tax accountant or the financial planner. In addition, stand in the long-term aim of the property structure, a middle aim, a short-term aim by oneself;; it may be good to sometimes think about reflection, a refinement. If this site helps made with the property of everybody, I am happy. It was a story that I quoted an old historical fact, but how about today? I like historical facts. Live human wisdom is jam-packed in the past, and the historical fact is because I think that there are many things which know it in the present age. I intend to interlace the story that I quote a historical fact wherever possible from now on. Please thanks in advance for your help.

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告