増税が家計の重荷に、暮らしへの影響は? 平成26年度税制大綱分析【Part1】復興関連税制増税が家計の重荷に、暮らしへの影響は? 平成26年度税制大綱分析【Part1】復興関連税制

12月に、平成26年度税制大綱が発表されましたが、既報の通り個人への増税色が強いものとなっています。そこで、今回は、具体的にどのようになっていくのか、東日本大震災からの復興財源に充てられる復興特別法人税、復興特別所得税を取り上げたいと思います。

概要 企業は、通常の法人税とは別に、平成24年4月から法人税額の10%分を上乗せして納めています(いわゆる復興特別法人税)が、2013年度末に廃止することを決めています。(復興特別法人税の1年前倒し廃止

一方、サラリーマンが納税する所得税は、平成25年1月(自営業者などは2014年に払う2013年分所得の確定申告)から、所得税額に2・1%分が上乗せされています(いわゆる復興特別所得税)が、今回の法人税のような廃止は盛り込まれずそのまま継続されます。参考までに、復興特別所得税は平成49年まで納めることとされています。

また2014年6月から10年間、個人住民税が年1000円上乗せされます。

比較

 個人法人(企業)比較評価
復興特別所得税、復興特別法人税所得税額の2・1%上乗せは変わらず前倒し廃止が決定(法人税額の10%分)個人→ 変わらず   
企業→ 税負担減   
企業は負担が減る一方個人は変わらないので、相対的に企業優遇といえる。
個人住民税10年間 年間1000円増税は変わらず比較なし個人の負担は変わらず。

まとめ ポイントは、個人の負担は変わらず、法人(企業)は、減税するところでしょう。政府は、企業に対する減税で競争力をつけさせて、また浮いたお金を積極的に投資に回させて、企業は働いている従業員に還元(賃上げ)することで、消費を喚起し、経済活性化に結び付けようとしているようですね。巷では、このことを断片的に切り取って、企業優遇と言われているようですが、私はそう思いません。企業が、今回の減税で活性化され、利益を再配分し経済の好循環にもっていく構想は賛成です。今後のアベノミクスに期待しましょう。

 


 

In December, taxation system general rules were announced in 2014, but a tax increase color to an individual becomes strong according to the previous announcement. Therefore a revival special law tax on income, inheritance, corporation profit and so on, the revival that are allotted for the revival resources from East Japan great earthquake disaster this time whether it is the one which how becomes to be concrete want to take up income tax in particular. Summary I decide that (so-called revival special law tax on income, inheritance, corporation profit and so on) that the company adds a 10% minute of the corporation amount of a tax separately from a normal corporation tax from April, 2012 and puts abolishes it at the end of 2013. On the other hand, (so-called revival special income tax) that a 2.1% minute is added to to the income amount of a tax is not included in the abolition such as this corporation tax in January, 2013 by (for 2013 when the independent businessmen pay it in 2014 a final income tax return of the income), and the income tax that an office worker pays is just continued (I defeat it one year ago of the revival special law tax on income, inheritance, corporation profit and so on and abolish it). It is decided to pay the revival special income tax for your information until 2037. In addition, it is topped the offered figure 1,000 yen a year personal residence tax for ten years from June, 2014. Comparison

 個人法人(企業)比較評価
復興特別所得税、復興特別法人税所得税額の2・1%上乗せは変わらず前倒し廃止が決定(法人税額の10%分)個人→ 変わらず   
企業→ 税負担減   
企業は負担が減る一方個人は変わらないので、相対的に企業優遇といえる。
個人住民税10年間 年間1000円増税は変わらず比較なし個人の負担は変わらず。
Summary The personal burden does not change, and the point will be the place where the corporation (company) reduces taxes. The government lets you acquire competitiveness by the reduction of taxes for the company and lets investment turn the money that floated again positively, and the company rouses consumption in what reduction (wage increase) does to a working employee and seems to be going to tie it to economic activation. In the public, I cut this fragmentarily and seem to be said to be a company kind treatment, but I do not think so. A company is activated by this reduction of taxes, and the design to redistribute profit, and to take for good circulation of the economy is agreeable. Let’s expect it in future Abonomics.


最新情報をチェックしよう!
広告