災害にあったときに税金面のサポートは?

最近、洪水や竜巻など自然災害が多発したり、また盗難等の被害も増えてきていますね。自分自身のせいではない不可抗力で、自分たちの家や財産が被害にあったら、なんらかの援助があってもいいと思いませんか?。はい、そのような場合に税金面で助けてくれるのが雑損控除です。雑損控除は、住宅や家財などが災害、盗難にあった場合、被害額を所得から差し引くことができる制度です。        ↓  パネルをクリックすると説 […]

相続増税をにらんだ生前贈与が要注目です。相続増税をにらんだ生前贈与が要注目です。

現在需要が増えていると言われる「生命保険をつかった生前贈与」ですが、贈与税の非課税枠を使うこと自体は従来から行われている節税対策で、新味はないのですが、15年1月以降の相続税の税制改正も絡み、需要が高まってきているようです。 2013年度の税制改正で、15年1月以降の相続から、相続税の基礎控除額が4割引き下げられ、最高税率を55%に引き上げることが決定されています。一方相続税の対象の財産は遺産から […]

個人が保険金を受け取ったら、課税?非課税?個人が保険金を受け取ったら、課税?非課税?

  生命保険金・損害保険金を受け取った時、注意しなければならない点は、税金がかかる場合があるということです。 それも、保険金を受け取った人が保険料を払っているかどうか、保険金の種類(満期保険・火災保険等)によってかかる税金の種類がちがいます。自動車保険の場合はほとんどの場合非課税です。 どの場合どんな税金がかかるかはこちらを参考にして下さい。 保険金と税金の種類判断ツール  生命保険金・損害保険金 […]

株式等の配当控除株式等の配当控除

株式を保有していると配当を受けます。これら配当は、確定申告時に税額控除を受けられることがあります。これは、税額そのものから控除を受けられる制度で、住宅ローン控除や外国税額控除と同じ種類の税額控除です。 なお配当控除は、申告分離課税や申告不要を選択した場合は適用されないので注意が必要です。 試算ツールで調べよう。あなたはこれだけ税金を負けてもらえる?株式を保有していると配当を受けます。これら配当は、 […]

政府が住宅購入者の負担軽減策を新たに発表しました。 

政府は、今年末で期限切れとなる住宅ローン減税を4年間延長し、控除額を消費増税後に年間最大40万円に拡大することを決めています。 ただ中低所得者は納税額が少なく税額控除による負担軽減効果が小さいため、現金の給付制度も追加する準備を進めていました。 さてここで注目なのが、現金給付制度ですが、概要は、「来年4月に消費税率を8%に引き上げる際、年収に応じて10万円、20万円、30万円の3段階で現金を給付す […]