より長く、より健全に使う

より長く、より健全に使う 維持と修繕

修繕の大切さ

マンションに限らず建物は、建って時間が経てば経つほど、劣化が進みます。「形あるものはいつかは壊れる」とは言ったものです。しかし、適切な点検を行い、適切な改修を行い、寿命をのばすことができます。しかもマンションは、人の生活の大事の舞台でもあり、建物を健全な状態に保つことはとても重要です。
区分所有者は修繕を行うために管理組合に修繕積立金を積み立て、管理組合は積み立てられた原資を基に修繕を行います。20年、30年後を見据えた長期修繕計画(プラン)を練っていくことが重要なのです。
ここでは、限られた予算の基マンションをいかに健全に保っていくかに焦点を当て、具体的な事例を交えながら、紹介していきたいと思います。
皆様のよりよいマンションライフの一助になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました